今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 150度目 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
0277おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止2017/03/19(日) 14:57:56.98 ID:F/PS3ExF
幸いにも、Aは俺に気付くことなく名古屋で降りた。
(こんな偶然もあるもんだ)と心に言い聞かせ、就職試験や面接を無事こなし、翌日、明石の駅前のマックに立ち寄った。

混んでいる店内のカウンター席で、バーガーを頬張っていると、隣いいっすか?と声。
どうぞ、と返答し、スペースを広めに開けてあげたと同時に「お前何やってんだ」と大声。

隣に来た声の主はBだった。(Bは中学卒業後、進学もせず地元でも行方知れずとなっていた)
縁も所縁もない遠方の土地で、よりによってBに声をかけられるとは…。

取り合えず、適当なやり取りをして、今からもう1件面接だ、とか嘘ついてその場から
逃げるように立ち去るのが精一杯だった。ちょ、待てよ。という罵声にも似た音を背に・・・。

帰りの電車内では何が起きたかわからないくらいパニックっていて震えが止まらなかった。
・・・こんなことってあるんだろうか・・・

・・・それから数年後、都内の某食用油メーカーに就職した俺は、日本海側の支社に配属された。
職場で一応、出世コース?と言われているような道を一歩一歩進んでいるのだが、ひとつだけ
ビビッていることがある。

実は当社の支社が某ビルの1フロアにあるのだが、その同じビルの2階下の、ある
会社の事務所にCが働いていることを最近知ったから。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています